CLOSE

納得リフォームスタジオスタッフブログ

見積を検討する時に気を付けて頂きたい事

皆さん こんにちわ。

リノベーション部の杉本です。

リフォームやリノベーションを遣ろうかと計画している時、リフォームやリノベーションの会社を決めるため、それぞれの会社から提出された御見積書を比較検討するという事は、最も重要な事の一つであることです。

それぞれの会社から提出された御見積書は、明細の仕様やその一つ一つの金額や数量が違います。当然合計の金額も違ってきます。

いくつかの会社に御見積を依頼する意味は、それぞれの会社が、自分達のリフォーム・リノベーションを「どのような意図で」「どこを改善し」「どんなプラスの価値を創り」そして、「自分達の暮らしがどんな風に素敵にしてくれるのか」という考えや、想いを感じ取り、そしてその中から、自分達の希望と合致できそうな会社を決める為だと思います。

そしてそれはとても重要な事なのです。

新築もリフォーム・リノベーションもそうですが、お客様と住宅会社の考えや想いの方向やゴールが同じでないと、良い住まい創りは出来ないからです。

私も、住宅建築の仕事を約30年続けてきていますが、今でも、私的に疑問に思うときがあるのです。

それは、ある会社が他社の見積と同じ仕様で金額だけその会社より安くして再度お客様に安くした御見積書を提出し、ご契約を頂く事です。

先程お伝えしたように、御見積書のご検討はそれぞれの会社と自分達が一緒に住まい創りをしていけるかどうかを判断する為でもあります。しかし、他社の見積内容を真似して、金額だけ下げるというのは、そもそも、その金額だけ下げて提出した会社は、そのまねした見積内容がどのような意図で想いで、リフォーム・リノベーションを計画しているのか自体を理解していないはずです。

というよりは、その会社は、自分達の考えやお客様に対する想いや、お客様にどのように喜んで頂きたいという、「その会社のお客様に対する本気度」つまり、住まい創りへの考えより、契約を頂きたい考えが先に行き過ぎているように思います。

確かに、コストも大切です。少しでも金額が安い方が良いというのは、私自身も毎日の暮らしでも思います。

しかし、安くても、ある程度金額が高くても、自分達と相手の意思が近く、そして自分達にもメリットや安心が感じられれば納得する。これが、コスパの良いという事になるとおもいますし、また、同じような意思のお互いが協力する事で、その後の打合せや工事がスムーズに進んでいくと思います。

これがいわゆる、「金額では測れない事」になります。

リフォーム・リノベーションは、それになりの金額になることも少なくありません。

だからこそ、コストに値するリフォーム・リノベーションを実現できる会社に託して頂きたいですし、また、金額だけ合わせるような会社さんには注意して頂きたいのです。

私達は、私達としてお客様の顔を見て、会話の中でお客様のお気持ちを理解し、そしてそのお客様の想いに応えたい、そのために真剣に考え、お客様の為をおもったご提案をさせて頂いております。

ですから、しっかりとお客様の事を考え意思を持ってご提案しています。

それはその想いは、ただ他社の仕様をまねて金額だけ安くする会社様の想いより、ずっと価値があると思っています。

考えがしっかりと熱く持っている会社だからこそ、自信をもってお客様にご提案しています。

お客様自身の為にも、見積時に他社の見積をまねるような会社には、絶対に注意してください。

杉本 豪士T.Sugimoto

リフォーム部部長

小さな事から大きな事まで常に気持ちを込めてぶつかります。お客様の夢をカタチにする為に熱くなります。...

CLOSE