CLOSE

納得リフォームスタジオスタッフブログ

ここから1年以内にリノベーションするのがお勧め

皆さん こんにちわ。

リノベーション部の杉本です。

いつも、長々と書いてしまうのですが、今日は端的にお話します。

リノベーションや、外壁の貼替や屋根の吹き替え等のリフォームは、この先1年以内に工事をすることをお勧めします。

その理由は、補助金がなくなるとか、値上げとかではありません。

実は、来年の2025年4月より、リノベーションやリフォームにおける、法的な審査が変わるからなんです。

これまでは、増築で10㎡を超える場合や、建物の形が変わる場合、または、その建物の使用用途が変わる場合などでは、新築同様の建築確認が必要でした。しかし、それ以外の場合は特に申請などは必要ではないことが殆どでした。

しかし、来年の4月からは、増築しなくても、形が変わらなくても、使用用途が変わらなくても、リノベーションやリフォームの工事の内容によっては建築確認の申請をしなくてはならないことになります。

これはどういう事とかというと、

主要構造部と言われる「構造体や、屋根、壁」、これらの部分を改築・大規模な改修・大規模な模様替えを行う場合は、建築確認を申請する必要が義務付けられます。

つまり、リノベションでいうと壁や柱などを撤去または移設して大きく間取りを変える場合や、またはリフォームで外壁の貼替、屋根の吹き替え等もこれに該当するようになります。

全ての場合ではありませんが、ある一定の範囲を超えて、これらの工事を行う場合には、建築確認を申請する事が必要となります。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、建築確認を申請する場合には、書類作成・申請費・検査費用・設計監理費などの費用が掛かります。

しかし、いくら費用が掛かるとはいえ規則で決められた以上は、これを遵守しなければなりません。

つまり、少しでもコストを抑えてリノベーションや大きなリフォームをする場合は、この1年以内に工事を行うことが1年後から工事を行うよりは、低コストで工事が出来るということになります。

ご実家のリノベ、2世帯対応のリノベ、中古住宅を購入してリフォームを検討いている、または、外壁や屋根の貼替・吹き替え等をお考えの方、悠長にしている時間はありません。

規模が大きくなるほど、工事の期間も長くなります。

今すぐに、ご相談ください。

杉本 豪士T.Sugimoto

リフォーム部部長

小さな事から大きな事まで常に気持ちを込めてぶつかります。お客様の夢をカタチにする為に熱くなります。...

CLOSE