静岡市 クローゼットを秘密基地のような子ども部屋にリノベーション


家づくりのご要望・目的

<2013年度ジェルコ(JERCO)デザインリフォームコンテスト 全国優秀賞受賞>

築20年のマンションにお住まいのS様ご家族。
お子様が大きくなり、そろそろ個室を作ってあげたい…。
なるべく目が行き届くよう、リビングに隣接していたウォークインクローゼットを子ども部屋へとリノベーションすることにしました。

施工ポイント

リビング・寝室から入ることができたウォークインクローゼット。
今回のリノベーションの目玉でもある、子ども部屋を作るにあたり、リビング側と寝室側を背中合わせでそれぞれ分け、「リビングと隣接した子ども部屋」を叶えると同時に、寝室収納も確保しました。
子ども部屋とリビングの間仕切りはあえて壁にはせず、引き違い戸を採用。
扉を開放すればリビングとつながり、ワンルームとなる間取りにしました。
また、将来お子様が成長されても、戸を閉め切ることでプライベートな空間を保てます。
全てを閉め切っても空気の循環ができるよう、欄間に造作窓もしつらえました。

リビングにいてもお子様の様子を見守れるよう、引き戸のガラスの位置にもこだわりました。ソファに座ったときの目線も考慮し、調度良い高さに。
白で統一されたお家のアクセントとなるよう、こだわりぬいて選んだアンティークブルーで塗装。味わいが出るよう、あえて無垢の質感を残す塗り方をほどこしています。
壁一面を変えただけで、ホワイトを基調としていたシンプルな以前のお部屋から、空間を広く感じられる、ブルーとホワイトの味わいある美しい空間へと、印象が大きく変わりました。
この改装をきっかけに、家中様々な場所に同色の収納棚を計画。
鮮やかなブルーが印象的な収納は、インテリアとしても味わい深く部屋のポイントにもなっています。

ご家族が大好きなブルーやテイストを取り入れた待望の子ども部屋。
使っているお子様自身がリビングとの繋がり方をカスタマイズを愉しんでいるそう。
想像以上の仕上がりに大満足のリノベーションとなりました。

間取り図
リフォーム写真

リビング

白を基調とした空間に、鮮やかなブルーの引き戸が印象的です。

子ども部屋

3枚の引き戸は、色んなパターンで開けることができ、その都度印象を変えます。
大きなガラスのおかげで、ソファに座っていても様子を見守れます。

子ども部屋の収納

引き戸と同じ色で塗装した造作棚。 収納はもちろん、ディプレイスペースとしても大活躍。
梁と空間を活かして造作したベット上の収納。 こちらも、引き戸と同じアンティーブルーで塗装。まるで使い込んだかのような無垢の質感が、味を出しています。

子ども部屋

引き戸のガラスから、リビングの光が子ども部屋にも入ってきます。

造作窓

欄間に設けた造作窓。開くことで、戸を閉め切っていても空気を循環させることができます。 引き戸と同じくアンティークブルーで塗装し、質感を出すことで、一体感を持たせました。
分譲のマンションにはない造作窓を作れるのも、リノベーションならではです。

洗面室

洗面室の収納扉も同じくアンティークブルーで塗装。 木の質感が独特の表情を浮かび上がらせ、味わい深い印象に。シャビーな、趣のある空間づくりに一役買っています。
物件データ
お住まい 間取り
建物種別 マンション 工期 12日間
施工費用 1,500,000円 家族構成 大人2人,子ども1人
物件面積 施工面積 6.5m²
採用した商品
使用した主な
自然素材
珪藻土
無垢材
施工部位
こだわり
リフォームについてのご質問・ご不明点がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。
資料請求 お問い合わせ 来店予約 来店予約:クオカード
ページトップへ